ホドス神学院のご紹介 ホドス神学院にようこそ!

ホドス神学院は日本宣教のために祈りを重ねて来られた韓国の方々の祈りの中で、
金山徳牧師の提案によって、 2016年に立てられました。

01

授業の様子

日本にある「無牧教会」のことを覚えて祈り、

日本牧会者訓練

主の召しにより御言葉の僕としてその群れの牧会のために 遣わされるべく牧者を選び訓練し、

02

03

宣教師派遣の様子

韓国から日本の無牧教会に遣わすことであります。

金山徳牧師(Aberdeen Uni. PhD)は 日本キリスト教会九州中会の宣教教師として、 ホドス神学院の院長を務めています。
一年四学期制度
1学期(3-6月) ホドス神学院における授業
2学期(7-8月)現地の日本無牧教会における夏季宣教実習
3学期(9-11月)ホドス神学院における授業
4学期(12-2月)現地の日本無牧教会における冬季宣教実習
日本キリスト教会九州中会をはじめ、日本にある諸教会の教師、大学や神学校の講師など様々な方のご奉仕によります。 韓国からは、CHO/JAECHUN (Yale Uni. PhD), LEE/YOUNGJAE (Aberdeen Uni. PhD), CHOI/BYOUNILL (KYUSYU Uni. PhD), CHOI/BYOUNHAK (BUSAN Uni. PhD)などのご協力を得ている。
李炳斗牧師 下関教会の協力宣教師として、御言葉の説教と伝道を含め牧会に励んでいる。 金東祐牧師 志免教会の協力宣教師として、御言葉の説教と伝道を含め牧会に励んでいる。